「ただただ実力不足」 U-23代表MF食野、GL敗退で自責「自分のところでもっと…」

U-23代表MF食野亮太郎【写真:Getty Images】
U-23代表MF食野亮太郎【写真:Getty Images】

初戦のサウジアラビア戦では同点弾を挙げるも…「個で打開できれば違った」

 森保一監督率いるU-23日本代表は12日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ敗退が決定した。第2戦シリア戦は1-2で屈辱的な敗戦。第1戦のサウジアラビア戦(1-2)に続いて2連敗となり、同大会史上初めて決勝トーナメントに進出できなかった。今大会唯一の欧州組として2試合連続の先発出場したMF食野亮太郎(ハーツ)は「ただただ実力不足」と、自身を責めた。

 何度も自身を問いただすように、食野はゆっくりと口を開いた。バンコクの夜空にシリアの歓喜の声が響き渡る横で、日本の選手は膝をついた。屈辱的な2連敗。初戦のサウジアラビア戦でゴールを決め、2試合連続で先発出場した背番号10の食野は「なぜ勝てなかったのか」自問自答するように、表情を曇らせたまま話した。

「ただただ実力不足。チームのことを言うのは簡単だけど、自分のところでもっとマークを外せるか個で打開できれば違ったと思う。そこを反省して、成長できると感じたのが収穫だと思う」

 敗れれば敗退が決まる崖っぷちで迎えた一戦。序盤からいきなり苦境に立たされた。前半5分、ペナルティーエリア内で相手選手に対し、DF町田浩樹(鹿島アントラーズ)が遅れて蹴ってしまい、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入してPK判定。これを決められて同9分に先制点を許した。

 対する日本は同30分、左サイドからカットインしてミドルシュートを放ったMF相馬勇紀(名古屋グランパス)が、相手DFに弾かれてこぼれたボールを拾って再びシュート。この強烈な一発がニアサイドを破ってゴールに吸い込まれ、1-1の同点に追いついた。後半は膠着した状況が続くなか、試合終盤にカウンターを受け、失点。2戦連続して終盤の失点で敗れ、ショッキングなGL敗退となった。

 東京五輪まで残り6か月。食野は今の日本代表に足らないものを指摘した。昨年11月の国際親善試合コロンビア戦ではMF堂安律(PSV)やMF久保建英(マジョルカ)を擁したものの、0-2で完敗。この敗戦も経験した食野は危機感を感じていた。

「戦術どうこうよりも個人を上げないと。ベースとしてチームはそこがある。個人が大きくないとチームは大きくならない。そこの成長は目を背けられない。個人の成長が一番大事だと思う」

 2連敗は変えられない事実。「まだ残り1試合ある」という食野は、本番につなげるために敗戦を重く受け止め、第3戦のカタール戦から気持ちを切り替える覚悟だ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング