「何も意味はない」 日本の“屈辱敗退”にゲーム主将DF渡辺が意気消沈 「不甲斐ない」

U-23代表DF渡辺剛【写真:Getty Images】
U-23代表DF渡辺剛【写真:Getty Images】

2試合連続でゲームキャプテンを務めたDF渡辺 「学んだことを生かせたとは思うが…」

 タイで開催されているU-23アジア選手権に出場しているU-23日本代表は、現地時間12日に行われたグループリーグ第2戦のシリア戦で1-2と敗れ、大会2連敗でグループステージ敗退が決まった。ゲームキャプテンを務めたDF渡辺剛は、敗退に「不甲斐ない」と肩を落とした。

 森保一監督は、1-2で敗れた初戦のサウジアラビア戦から中2日の試合にスタメン6人を変更。そのなかで、継続出場した1人が渡辺だった。

 サウジアラビア戦に続いてキャプテンマークを巻いた渡辺だったが、守備陣は前半立ち上がりに相手コーナーキックからビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入もありPKで失点。そして、自身が後半32分に交代で退いたのち、同43分に決勝ゴールを許して敗れた。

 そうした結果に対して渡辺は「初戦から2試合ともゲームキャプテンをさせてもらって負けたことが、自分自身、不甲斐ない。初戦のサウジアラビア戦で学んだことを生かせたとは思うが、負けてしまったので何も意味はないと思う」と、悔しさを滲ませた。

 すでに東京五輪の出場権を開催国として持つ日本だけに、アジア最終予選を兼ねた今大会では他国とモチベーションの違いは指摘される。それでも渡辺は「アジアも世界も戦いは厳しい。自分たちの気持ちを出さないと勝てないと思う」と、自分たち自身が精神的な部分で高めきれなかったと語る。

 最終戦のカタール戦は消化試合になってしまった。それでも、渡辺は「最大の準備をして、全員で良い準備をしたいと思う」と前を向く。せめてもの意地を見せるべき戦いに、キャプテンとしての責任感をプレーで示すことが期待される。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング