「情けない」 日本の“衝撃敗退”にMF松本が後悔「積極的に前に行ったほうが良かった」

U-23代表MF松本泰志【写真:Getty Images】
U-23代表MF松本泰志【写真:Getty Images】

シリア戦で1-2敗戦、大会2連敗で敗退 フル出場の松本が悔やむ「慎重になり過ぎた」

 タイで開催されているU-23アジア選手権に出場したU-23日本代表は、現地時間12日のグループステージ第2戦、シリア戦で1-2の敗戦。2連敗での敗退が決まった。フル出場したMF松本泰志(サンフレッチェ広島)は「慎重になり過ぎた」と悔やんだ。

 初戦で1-2の敗戦を喫したサウジアラビア戦で松本は出場機会がなかった。そこから中2日で6人が入れ替わったスタメンに名を連ねた松本だったが、前半から複数人が連動していく攻撃に上手く絡むことはできなかった。後半はボールを保持して攻め込む時間が長かったが、崩し切るには至らず。終盤の失点で敗れる結果になった。

 試合について松本は「チームとしても個人としても情けない。個人的にも前半に慎重になり過ぎて横パスが多かった。後半も積極的に前に行ったほうが良かったと思う」と、全体的にプレーが消極的になってしまったと悔やんだ。

 今大会は東京五輪のアジア最終予選を兼ねているが、日本はすでに開催国としての出場が決まっている。一方で他国は3位以内を目指す真剣勝負となっている大会だ。それだけに松本は「(相手が)死に物狂いで来ましたし、その熱量は結果を見れば相手が上だったと思う。チームとしても個人としても、勝ちに対する気持ちや実力が伴わなかったと思う」と、精神的な要素にも言及した。

 最終戦のカタール戦は日本にとって消化試合となるが、カタールは勝利すれば決勝トーナメント進出の可能性を残す。そうしたゲームになるが、松本は「無駄にできない試合ですし、最後の試合で成長したものを見せられればいい」と話し、そのピッチに何かを残すことを誓った。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング