「悔しいというより恥ずかしい」 日本の“屈辱敗退”にMF齊藤が苦言「全然ダメだと思う」

U-23代表MF齊藤未月【写真:Getty Images】
U-23代表MF齊藤未月【写真:Getty Images】

史上初のグループリーグ敗退が決定「日本を代表していながら情けない」

 U-23日本代表は現地時間12日、東京五輪の最終予選も兼ねたU-23アジア選手権の第2戦でシリアと対戦し、1-2と敗戦。史上初のグループリーグ敗退が決定した。試合後、MF齊藤未月(湘南ベルマーレ)は「悔しいというより恥ずかしいという気持ちでいっぱい。日本を代表していながら情けない」と語っている。

 初戦のサウジアラビア戦を1-2で落とし、負ければ敗退という後のない状況となっていたが、前半9分にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末、ペナルティーエリア内でのDF町田浩樹(鹿島アントラーズ)のファウルを取られた。与えたPKを決められ、早々にビハインドを背負う展開となった。

 それでも前半30分、MF相馬勇紀(名古屋グランパス)がペナルティーエリア手前から鋭いミドル弾をゴール右隅に沈め同点とするも、疲労の色が見え始めた後半43分にカウンターの場面から痛恨の追加点を与えてしまい、2連敗でグループリーグ敗退が決定した。試合後、ボランチでプレーした齊藤は「悔しいというより恥ずかしいという気持ちでいっぱい。日本を代表していながら情けない」と語気を強めた。

「いくらボールを取ってもゴールを取らないと勝てないスポーツ。全然ダメだと思う。申し訳ない気持ちです。幸いというか、東京五輪に出場することは決まっているので、そんなに長い時間はないし大丈夫かよと思われるかもしれないですが、やるしかないし出たい気持ちはどの選手にもあるので、どれだけサッカー選手として応援している人の心を震わせるプレーをできるかが大事だと思う」

 敗退は決定しているものの、第3戦で待つのは優勝候補のカタール。3連敗の悲劇を避けるためにも「なんとしても勝たないといけないし、勝つだけです」と最終戦の勝利を誓った。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング