森保監督、U-23日本代表グループリーグ敗退で選手に要望 「勝負勘を培ってほしい」

U-23代表の森保一監督【写真:Getty Images】
U-23代表の森保一監督【写真:Getty Images】

初戦サウジアラビア戦に続き、第2戦シリア戦1-2敗戦 連敗でグループリーグ敗退決定

 タイで開催されているU-23アジア選手権で、日本は現地時間12日のグループリーグ第2戦でシリアと対戦。序盤にPKで先制点を許した一方、MF相馬勇紀が同点ゴールを挙げたが、試合終盤に失点し1-2で敗れた。日本は2連敗でグループステージ敗退が決まったなか、森保一監督は「勝負勘を培ってほしい」と選手たちにリクエストを出している。

 初戦サウジアラビア戦を1-2で落とした日本は、シリア戦でも苦戦を強いられた。前半9分にPKを決められて先制点を献上。同30分にMF相馬が強烈なミドルシュートを叩き込んで同点に追いついた。しかし後半43分、日本は鋭いカウンターを受けると、FWダリにドリブルで持ち込まれて被弾。最終的に1-2と敗れ、2連敗を喫して早期敗退が決まった。

 試合後、森保監督は「選手たち、スタッフも非常に良い準備をしてくれて、戦い方も先制点は許したものの勝利できたかもしれないという内容を2試合とも落としているので、勝負強さのところを詰めていかなければいけないと思っている」とコメント。そのうえで勝敗を分けたポイントについて口にしている。

「攻撃の回数はあまり受けていないと思うが、カウンターを止められるところ。最後の時間帯、苦しくなったところを凌ぐというのを試合前からも言っていたが、勝負勘というものを若い選手が培ってほしい」

 終盤の失点を受けて“勝負勘”を挙げた森保監督。東京五輪を見据えて第3戦も全力を尽くすと誓っている。

「我々は3試合になったとしても全力を尽くして戦っていくし、応援してくれる方に最後まで戦う姿勢を見せていくし、選手たちにも成長の糧にしてもらうために最後まで戦う」

 15日の第3戦カタール戦で勝利して、大会を終えられるだろうか。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング