森保監督のサッカーが“見えない” パターン化した言葉、漫然と戦ったチームの姿

サウジアラビアに負け、黒星スタートとなったU-23日本代表【写真:Getty Images】
サウジアラビアに負け、黒星スタートとなったU-23日本代表【写真:Getty Images】

どうやって点を取るつもりなのか、サウジ戦の日本からは見えてこなかった

 現在の日本代表を率いる森保一監督は、ハリルホジッチ氏やゴーン氏とは真逆の、もの凄く抑制の効いたコメントの出し方をする。ある種、官僚の答弁のようだ。ファン、サポーターへの感謝から始まり、見たとおりの試合経過の説明から、「次へ向けて頑張ります」的に締めれば一丁上がりだ。完全にパターン化していて、まるで時候の挨拶を聞くような気分にさえなる。

 もちろん、森保方式の良さもあると思う。話し方は丁寧だし、どこにも失礼がなく、失言もゼロだ。ただ、何かを話したい人の喋り方ではない。話したいことが次々に溢れてくるタイプでは全然ない。できれば何も話したくない人の話し方だ。

 話したいことがないのは構わない。でも、やりたいことがないのは困る。森保監督も、やりたいことは沢山あるはずだ。きっと、彼がチームに植え付けようとしていることは、あまりにも日本サッカーの現状と同化しすぎていて見えにくいだけなのだろう。赤色の絵の具に黄色を垂らそうとしたハリルホジッチ監督と違って、灰色に少し白色を落とした程度なので目立たない。

 U-23アジア選手権の初戦(サウジアラビア戦/1-2)を見ると、どうやって点を取るつもりなのか見えてこなかった。戦術がない、何も準備していないチームのようだった。良くも悪くも引っかかりがない、良くも悪くも違和感がない。ただ漫然とプレーしているだけに見えた。

 先日、パブロ・ピカソの製作過程を追った古いドキュメンタリー映画を観た。太陽の降り注ぐ海辺のリゾートを描いていたら、どんどん塗り重ねていって、家も海もなくなり、何十人かいたはずの人間は3人になって巨大化し、太陽は消えて夜になり、ついに暗黒になってしまった。「どんどん悪くなる」「これは酷いな」と、ピカソ本人が話していたのには笑ってしまったが、「うん、描きたいものが分かった」と言ってイチから描き直したものは、ピカソ的な華やかなリゾート地の絵になっていた。最初の絵を見ていないとそうとは分からないかもしれないが……、ライオンを三頭ぐらい食った人の仕事だと思った。

page1 page2 page3

西部謙司

にしべ・けんじ/1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」