英紙「マンU史上最高の選手ランキング」発表! “トップ20”に食い込んだ名手は?

ユナイテッド史上最高選手に選ばれたのは…?【写真:Getty Images】
ユナイテッド史上最高選手に選ばれたのは…?【写真:Getty Images】

C・ロナウドが9位、歴代最多得点数を更新したルーニーが8位にランクイン

 英紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」が、マンチェスター・ユナイテッド史上最高の選手ランキングを発表した。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が9位にランクインし、トップ20には名手がズラリと並んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 母国ポルトガルの名門スポルティングCPでデビューを果たしたロナウドは、2003年に当時18歳でユナイテッドに加入し、09年まで同クラブでプレー。名将アレックス・ファーガソンの下で世界的スターへと成長を遂げ、同クラブで3回のプレミアリーグ制覇、リーグカップは2回優勝。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)、FAカップ、コミュニティーシールド、クラブ・ワールドカップをそれぞれ1回ずつ制した。ユナイテッド時代にバロンドールも獲得している。

 続いて8位にランクインしたのは、2004年から17年まで所属した元イングランド代表FWウェイン・ルーニー。ユナイテッドでのデビュー戦となったフェネルバフチェ戦で、当時18歳FWは3ゴール1アシストの活躍を見せ、人々を驚かせた。ユナイテッドで獲得できる全てのタイトルを手にするだけでなく、サー・ボビー・チャールトン氏の保持していた歴代最多得点数も更新し、計253ゴールをマークした。

 トップ3に選出されたのは、往年の名手たちだ。1966年バロンドールを受賞し、ルーニーに抜かれるまでクラブ通算249ゴールで歴代最多記録を守ってきたチャールトン氏が3位。68年ヨーロッパカップ決勝のベンフィカ戦でアディショナルタイムにゴールを決めて優勝の立役者となり、同年にバロンドールも受賞した元北アイルランド代表FWジョージ・ベスト氏が2位に選ばれた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も