南野拓実、リバプール順応の“鍵”握る2人とは? 地元紙指摘「素早いフィットを実現するため…」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

元ザルツブルクのケイタとマネがロッカールームで南野の隣に配置される

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間5日、FAカップ3回戦のエバートン戦(1-0)でデビューを果たした。11日のプレミアリーグ第22節トットナム戦でのリーグデビューに期待が集まるなか、地元紙は南野がフィットしていくためのポイントを探り、チームメート2人を“キーマン”に指名している。

 南野は今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でリバプール相手に鮮烈な活躍を披露し、ユルゲン・クロップ監督の目に留まると、12月中にザルツブルクからの完全移籍が決定。1月1日から正式にリバプールの一員となり、FAカップのエバートン戦で先発出場して新天地での第一歩を踏み出した。

 エバートン戦では無得点のまま後半25分に交代となった南野だが、英地元紙「リバプール・エコー」は「プレッシング能力とポゼッションのクオリティーはクロップ監督にとって重要な財産となる」と評価。登録の関係でスタンド観戦となった2日のプレミアリーグ第21節シェフィールド・ユナイテッド戦(2-0)も含めて、「本物のアンフィールドの雰囲気を感じる機会を得た」こともあり、ここからの順応と飛躍に期待を示している。そのなかで鍵を握ると目されるのが、南野の“先輩”とも言える2人の選手だ。

 その2人とは、かつてザルツブルクに在籍していたギニア代表MFナビ・ケイタとセネガル代表FWサディオ・マネ。南野は背番号18ながら、ロッカールームでは8番のケイタと10番のマネの間の場所が与えられたことを伝え、9番のブラジル代表FWロベルト・フィルミーノは「南野の素早いフィットを実現するため、移動を余儀なくされた」としている。

 リバプールの練習場に到着した際には、クロップ監督とドイツ語で話し込む様子がクラブ公式SNSで公開されていた南野。境遇的にも言語的にも近い存在となり得るケイタとマネの存在は大きく、彼らが助けとなるような“配置”をクラブも心がけたということだろう。その目論見どおりに溶け込み、1日も早くプレミアの舞台で躍動する南野を見たいところだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング