韓国人代理人が語るKリーグ日本人選手の評価 「歴史に名を刻んだ」邦本らの功績とは?

慶南FCで活躍し評価を高めたMF邦本宜裕【写真:Getty Images】
慶南FCで活躍し評価を高めたMF邦本宜裕【写真:Getty Images】

日韓の事情に精通する代理人のキム・ドンヒョン氏、2国間での移籍の現状に言及

 現在のJリーグでは多くの韓国人選手がプレーし、一方のKリーグでも同様とまではいかずとも、慶南FCのMF邦本宜裕など活躍する日本人選手が増えつつある。ただ、日本と韓国のサッカー界を股にかけて活躍するのは選手だけではない。

 エージェント会社「スクエアスポーツ・コリア」で代理人を務めるキム・ドンヒョン氏も、その1人だ。過去には韓国紙「スポーツソウル」オンライン版やスポーツ・芸能総合サイト「ジョイニュース24」、総合ニュースサイト「NEWSIS」などのメディアで活躍してきたキム・ドンヒョン氏だが、2019年から代理人に転身。日本と縁が深く日本語も堪能な同氏に、両国間での選手の行き来の現状、そして韓国内での日本人選手への見方などについて聞いた。

 日韓のサッカーを語る際、Jリーグでプレーする韓国人選手の多さは避けて通れない。J1で主力として活躍する代表クラスから、J2やJ3でチャレンジを始める若手まで、数え切れない人数の選手が在籍する。

 ただ、キム・ドンヒョン氏は「みんな大雑把に日本に行っている感じがします。(代理人が)選手を送って、それで終わりというケースもあると聞きます」と、準備のないまま来日してしまうケースの多さを指摘する。「そのなかで、自分は(Jリーグ移籍に)意味を持たせたい」と熱く語ったうえで「逆に、日本人選手が韓国に来る時も一緒です」として、Kリーグでプレーする日本人選手に言及し、彼らへのサポートの必要性を訴えた。

「日本人選手が韓国に来ると、通訳がない状況になってしまうことが多いんです。邦本選手(慶南FC)も、石田(雅俊)選手(安山グリナーズFC)もそうですね。今、大邸FCでやっている西翼選手も、通訳がいないんですよ。西選手の場合は英語ができますけど、通訳がいないと普段の生活に困る場合もあります。サッカーといっても、日常生活と両立しないといけない。だから、自分は責任を持ってサポートをして、選手たちを助けたいという思いがあります」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング