洗練された“静学スタイル”、敵将も変化に驚き 「速さ、強さが積み上がっていた」

静岡学園は今治東高校に勝利しベスト8に進出【写真:Football ZONE web】
静岡学園は今治東高校に勝利しベスト8に進出【写真:Football ZONE web】

静岡学園に0-2で敗れた今治東の谷監督 「守備から攻撃への切り替えが本当に早かった」

 一発勝負の「選手権」では、どうしても手堅い戦いぶりが増えがち。そのフォーマットの中でもテクニカルなスタイルで勝負してきた高校には、多くのファンがロマンを感じるところだろう。その代表格とも言えるのが静岡学園だ。第98回全国高校サッカー選手権、3日に行われた3回戦、今治東(愛媛)戦で2-0の勝利を飾り、ベスト8進出を決めた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 J1リーグの鹿島アントラーズに加入が内定しているMF松村優太のアグレッシブなドリブル突破、今治東戦で先制ゴールを挙げたMF浅倉廉の巧みな展開力――これらに“静学らしさ”を感じる一方、最近のサッカーの潮流もしっかりと取り入れているようだ。

「イメージはしていましたが、守備から攻撃への切り替えが本当に早かったですね」

 対戦した今治東の選手からは異口同音に、この表現が聞かれた。前述の通り静岡学園は前半4分に浅倉のゴールで先手を取ったが、手綱を緩めることはなかった。攻めてボールロストしたとしても、即座に奪い返すことを徹底。前半の終盤こそ今治東に何度か決定機を許したものの、それは攻守ともアグレッシブにいったうえでのこと。後半に入ってもそのスタイルを崩すことなく主導権を渡さず、前日からの連戦とは思えないほどのタフさを感じさせた。

「技術の高さは相変わらずでしたし、全体的な速さ、強さが積み上がってきていました。それはもちろん、優勝候補になりますよね(笑)。強かったです」

 こう語ったのは今治東の谷謙吾監督。かつて選手として静岡の名門・清水東でプレーした経験を持ち、古くからの“静学スタイル”を知る人だ。テクニックで相手を翻弄する古き良き時代のプレーから、近年の世界のサッカー界で必要とされているアスリート性も兼備しつつあることに感心していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング