なでしこ鮫島彩、“トレーニングオタク2人”と「刺激的な大晦日」私服3ショットに反響

なでしこリーグのINAC神戸レオネッサのDF鮫島彩【写真:井上智博】
なでしこリーグのINAC神戸レオネッサのDF鮫島彩【写真:井上智博】

2人のなでしこ選手と撮影した1枚をSNSに投稿「充実した会話」

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部INAC神戸レオネッサのなでしこジャパン(日本女子代表)DF鮫島彩が公式インスタグラムを更新し、「楽しく刺激的な大晦日になりました」と綴って1枚の写真をアップ。「たまらない面子」「美人揃い踏み」と反響を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 2015年からINACに所属する鮫島は、12月4日に「しばらくの間、怪我の治療に専念することになりました」と報告。来季の完全復帰に向けて地道に準備を進めているなか、19年の大晦日に2人の人物を会った際の3ショットを投稿している。

 鮫島とともに写っているのは、栃木県出身の先輩である浦和レッズレディースFW安藤梢、先日フライブルク退団が発表されたMF猶本光の2人だ。

 安藤について「小学生の頃から憧れ続けている地元の大先輩、梢ちゃん」と記した一方、年下の猶本に関しては「何年か前の代表キャンプで同部屋になってから仲良くしてもらってる、もったん(猶本)」と関係性を説明。さらに「これからも梢ちゃんの背中をずっと追っていきたいし、もったんの活躍をずっと応援していきたい」と率直な思いを綴っている。

「トレーニングオタクの2人との充実した会話で、楽しく刺激的な大晦日になりました」
 
 私服姿で笑みを浮かべている鮫島は、2人から大きな刺激を受けた様子。そんな3ショット投稿にファンからは「復帰を待っています!」「栃木の星です!」と早期復帰を待ち望む声から、「たまらない面子」「美人揃い踏み」というコメントも並んでいる。

 東京五輪も控えるなか1日も早い復帰が期待される鮫島だが、前向きな気持ちを膨らませる大晦日となったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング