2020年「J1リーグ最新市場価格トップ100」 強力助っ人が上位席巻、日本人最上位は?

(左上から時計回りに)小林、仲川、清武、ジョー、イニエスタ、チャナティップ【写真:Getty Images & Noriko NAGANO & 荒川祐史 & Football ZONE web】
(左上から時計回りに)小林、仲川、清武、ジョー、イニエスタ、チャナティップ【写真:Getty Images & Noriko NAGANO & 荒川祐史 & Football ZONE web】

ドイツの移籍情報サイトが年末にデータ更新、19年MVPの仲川が日本人最高の5位

 2019年のJ1リーグは横浜F・マリノスの15年ぶり4回目の優勝で幕を閉じた。ドイツ移籍専門サイト「transfermarkt」が12月28日にJ1リーグに所属する選手の市場価格(推定)を更新し、トップ100を発表。海外助っ人が上位を席巻するなか、日本人最高は5位となった。

 ドイツ移籍専門サイト「transfermarkt」では、選手の年齢や過去の実績などを踏まえ、移籍マーケットにおける推定市場価格を定期的に算出。今回、19年12月28日にデータが更新された。

 2019年のJ1リーグ全18クラブの選手が対象で、上位100人の内訳は日本人が72人と最多。ブラジル出身が19人、スペインと韓国出身がそれぞれ3人、そしてベルギー、クロアチア、タイ出身がそれぞれ1人となっている。

 上位に目を向けると20位タイまでの22人のうち、日本人が9人ランクイン。FW古橋亨梧(ヴィッセル神戸)とDF進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌)が2億3100万円で20位タイ、FW興梠慎三(浦和レッズ)とDF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)が2億4300万円で14位タイ、そして17年のJリーグMVPを受賞したFW小林悠(川崎)が2億6800万円で12位タイに食い込んだ。

 またDF谷口彰悟(川崎)、MF土居聖真(鹿島アントラーズ)、MF清武弘嗣(セレッソ大阪)が2億8000万円で9位タイと上位にランクイン。そのなかで日本人最高位となったのが、19年のJリーブMVPと得点王をダブル受賞したFW仲川輝人(横浜F・マリノス)だ。3億4100万円で5位に位置するアタッカーは、19年12月のE-1選手権で日本代表デビューを飾るなど波に乗っている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング