「誰か分からなかった」 橋岡大樹、「変装しすぎ」久保建英の“貴重”ショットを公開

マジョルカMF久保(左)と浦和DF橋岡が2ショットを公開【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保(左)と浦和DF橋岡が2ショットを公開【写真:Getty Images】

「時差スタグラム」としてクリスマスイブの様子を公開

 浦和レッズの東京五輪世代DF橋岡大樹が12月31日、自身の公式インスタグラムを更新した。マジョルカの日本代表MF久保建英とクリスマスイブを過ごした様子を「時差スタグラム」として投稿。2ショットに同世代の代表選手も反応するなど、反響を集めている。

 2020年に開催される東京五輪への出場を目指す橋岡は、19年12月に韓国・釜山で行われたE-1選手権で日本代表デビュー。国際Aマッチ2試合に出場した。五輪世代としては20年1月にタイで開催されるU-23アジア選手権のメンバーに選出。いよいよ迎える本大会に向けてのアピールに励む。

 そんななか橋岡は「時差スタグラム」として、「クリスマスイブにこの子と過ごす」と12月24日に過ごした“相手”を紹介。マスクとサングラスを着用した久保との2ショットを投稿している。ハッシュタグでは「#最初の店で写真撮り忘れて」「#カフェで撮る」「#変装しすぎて」「#誰かわからなかった」「#久保建英」「#髪の毛ぺっちゃんこ」と綴り、写真を撮り忘れる“ハプニング”と久保の変装について触れている。

 コメント欄では同じ東京五輪世代のMF三好康児(アントワープ)とDF菅原由勢(AZアルクマール)が反応。三好が「#どんぐりやないかい」と綴り、菅原が投稿した「誘ってくれてありがとね!行けなくてごめん!」には、橋岡が「ごめんゆきなりとそんなに仲良くなくて2人ともライン持ってなくて誘えなかった」と返信している。これに対して久保は「俺は誘おうっていったけどね」と返すなど、軽快なやりとりが展開されている。

 ファンからは「豪華すぎる」「日本を背負う2人」「確かに久保くん、誰か分からない 変装成功ですね♪」とコメントが相次ぎ、久保のマスクとサングラス姿に対する反応もあった。

 20年は2人にとって勝負となる一年。大切な年を迎える前に過ごした仲間とのリラックスした時間は、貴重なものとなったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング