「勝ったら有名になれるかも」 初出場の専大北上、2得点阿部は“激戦区”上等「倒してやろうと」

初出場の専大北上高校の選手たち(※写真は入場行進の時のものです)【写真:Football ZONE web】
初出場の専大北上高校の選手たち(※写真は入場行進の時のものです)【写真:Football ZONE web】

MF阿部耀仁が“豪快ミドル弾”で勝利に貢献

 第98回全国高校サッカー選手権の1回戦が12月31日に行われ、初出場の専大北上(岩手)は3-1で龍谷(佐賀)に勝利した。MF阿部耀仁は、目の覚めるような弾丸ミドルを蹴り込み、初戦突破に貢献。強豪校揃いの激戦区での白星に「勝ったら有名になれるかも」と、ワクワクして臨んだ様子を明かした。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 夏のインターハイで初めて全国大会を経験した専大北上は、選手権の舞台でも臆することなく躍動。前半15分に先制すると、同21分には阿部が最終ラインの背後に出たボールに反応し、ゴールに流し込んで追加点を挙げた。そして、阿部が会場を沸かせたのが同30分だった。

 カウンターの形でフィールドの中央からドリブルで持ち運んだ阿部は、周囲に味方選手がいない状況で「GKも少し前に出ていたし、とにかくシュートで終わろうと思った」と、約25メートルの距離から思い切りよく右足を振り抜いた。すると、強風を切り裂くような弾丸ミドルが相手GKの頭上を強襲。一直線にゴールに突き刺さり、自身のこの日2点目で一気にリードを広げた。

 会場からどよめきと大きな拍手が送られた阿部は、「正直、こういうのは初めての体験なので嬉しかった」と新鮮な喜びを話した。

 今大会は、埼玉会場に割り振られたAブロックに強豪校が集まったことで話題を呼んだ。前回優勝の青森山田(青森)に加え、富山第一(富山)や前橋育英(群馬)といった優勝経験のある強豪や、地元埼玉の昌平も前評判が高い。前橋育英はこの日の1回戦で敗退したが、専大北上の2回戦は開幕戦で8-0の大勝を飾って話題を呼んだ國學院久我山(東京B)になる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」