「危なかった」 “10番”安部裕葵、U-22代表初ゴールに冷や汗「ついてないと思ったけど…」

2得点に絡んだ安部裕葵【写真:Getty Images】
2得点に絡んだ安部裕葵【写真:Getty Images】

年内ラストゲームのジャマイカ戦は9-0で大勝 安部はPKを含む2得点に絡む

 森保一監督率いるU-22日本代表は28日、トランスコスモススタジアム長崎でU-22ジャマイカ代表と対戦し、9-0の大勝を収めた。交代選手も含めて前線に入った全6人がゴールをマーク。バルセロナBでプレーするMF安部裕葵は、3か月ぶりの代表招集で初得点した。個人技で会場のボルテージを最高潮に上げるなど、存在感を発揮した。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 来年に東京五輪を控え、2019年のラストゲーム。気温6度のなか、試合は開始直後から熱さを増した。前半5分にキャプテンマークを巻いたDF中山雄太(ズウォレ)が直接FK弾を叩き込むと、日本の攻撃は一気に活性化。怒涛のゴールラッシュでリードを広げた。

 安部の判断の良さが光ったのは前半16分。ボールがサイドラインを割ると、安部は素早くスローインでリスタートして、左サイドのMF松本泰志(サンフレッチェ広島)へ渡した。松本はあっという間に前線へ到達し、左クロスを上げると、MF旗手怜央(順天堂大)がボレーシュートを決めてチーム2点目を奪った。

 さらに2点を追加した前半28分、10番を付けた安部が見せた。左のショートコーナーからボールを持ち、DF1人をかわすと、2人目は股抜きで突破。3人目のDFにペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得した。自らキッカーを務め、ゴール右を狙うも、GKに触られたがねじ込んで追加点を挙げた。

「危なかったですね。その前に2本シュート打っていて、GKも良いセーブをしていたので『ついてない』と思ったけど、その分(ついてなかった分)入ってくれたのかな」

 9月に行われた北中米遠征以来の代表招集。国際親善試合メキシコ戦(0-0)で同代表デビューを果たし、続くアメリカ戦にも途中出場したが、ここまでゴールはなかった。今夏、鹿島アントラーズからスペインの強豪バルセロナ入りを果たし、日本遠征となったプレシーズンはトップチームに同行。スペインに戻ってからは3部相当のバルサBで経験を積み、15日に行われた第17節ラ・ヌシア戦(3-1)では2ゴール挙げる活躍を見せた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング