“世界最強FKキッカー”メッシ、精度向上の秘訣を告白 「この数年は蹴る直前に…」

メッシが、自身のFKについて語った【写真:AP】
メッシが、自身のFKについて語った【写真:AP】

今季も猛威を振るう直接FK弾、地元紙に飽くなき向上心を語る

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、ゴールを量産する直接FKの秘訣をスペイン紙「マルカ」のインタビューで明かしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 メッシといえばデビュー当時から持ち前のテクニックとスピードを生かしたドリブラーの印象が強く、クラブでも代表でもセットプレーのキッカーを務める機会は少なかった。しかし、キャリアを重ねるうちに得点のバリエーションは増えていき、今では直接FKからゴールを量産。世界でも屈指のFKキッカーとなった。

 今季、通算6度目のバロンドール受賞を果たしたレフティーは、直接FKからゴールが増えた秘訣を次のように語っている。

「この数年はボールを蹴る直前にGKの動きをよく見るようになったんだ。(GKが)ステップを踏むのかそうでないのかや、壁をどのように配置したかなどを見ている。今も研究しているよ」

 メッシは11月9日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ第13節セルタ戦(4-1)で直接FKを2本決め、過去10シーズンにおけるFKからのゴール数を「33」に伸ばした。欧州5大リーグを対象とした集計では、メッシがユベントス全体の31得点を個人で上回るほど。その驚異的な記録の裏には、メッシの際立った洞察力と飽くなき向上心が隠されていた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」