U-18王者が“レベルの落ちる”選手権を過密日程で戦う矛盾 高校サッカーの“健全化”は急務

桐光学園で年代別の代表にも選ばれているMF西川潤【写真:Football ZONE web】
桐光学園で年代別の代表にも選ばれているMF西川潤【写真:Football ZONE web】

JFAと高体連で船頭が2人、そのしわ寄せは最も大切な選手に…

 桐光学園の西川潤を例にとれば、このインターハイで2年連続して決勝に進出。3年時の今年はU-17、U-20と2つのワールドカップを戦い、セレッソ大阪の特別指定選手としてプロデビューも果たしている。これでは体が悲鳴を挙げないほうがおかしい。

 結局JFAはリーグ戦を導入したが、一方で高体連のスケジュールは手つかずに継続されている。要するにJFAと高体連で船頭が2人もいるから、そのしわ寄せが最も大切な選手たちに向かってしまっている。リーグ戦で試合数を担保したなら、当然カップ戦は削り、オフも含めた健全なシーズン設定は急務なのだ。実際現場の監督、コーチからもインターハイを歓迎する声は聞いたことがないが、撤廃に向かう動きは見えてこない。

 もともとサッカー界は他競技に先駆けて、指導者養成制度やトップリーグを創設し、プロ化とともに育成組織も整えてきたのだ。やはりそろそろJFAは高体連から脱却し、クラブ、高校を問わず統一された理念で育成を主導するべき時が来ている。それは未来につながる長期的視野に立てば、ワールドカップ誘致や代表強化以上に重要なテーマだと思う。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)


page1 page2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング