U-18王者が“レベルの落ちる”選手権を過密日程で戦う矛盾 高校サッカーの“健全化”は急務

桐光学園で年代別の代表にも選ばれているMF西川潤【写真:Football ZONE web】
桐光学園で年代別の代表にも選ばれているMF西川潤【写真:Football ZONE web】

JFAと高体連で船頭が2人、そのしわ寄せは最も大切な選手に…

 桐光学園の西川潤を例にとれば、このインターハイで2年連続して決勝に進出。3年時の今年はU-17、U-20と2つのワールドカップを戦い、セレッソ大阪の特別指定選手としてプロデビューも果たしている。これでは体が悲鳴を挙げないほうがおかしい。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 結局JFAはリーグ戦を導入したが、一方で高体連のスケジュールは手つかずに継続されている。要するにJFAと高体連で船頭が2人もいるから、そのしわ寄せが最も大切な選手たちに向かってしまっている。リーグ戦で試合数を担保したなら、当然カップ戦は削り、オフも含めた健全なシーズン設定は急務なのだ。実際現場の監督、コーチからもインターハイを歓迎する声は聞いたことがないが、撤廃に向かう動きは見えてこない。

 もともとサッカー界は他競技に先駆けて、指導者養成制度やトップリーグを創設し、プロ化とともに育成組織も整えてきたのだ。やはりそろそろJFAは高体連から脱却し、クラブ、高校を問わず統一された理念で育成を主導するべき時が来ている。それは未来につながる長期的視野に立てば、ワールドカップ誘致や代表強化以上に重要なテーマだと思う。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

page1 page2

加部 究

かべ・きわむ/1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ