「また一発退場」 韓国代表エースの“腹部キック”に母国嘆息「悪童のイメージが付けば…」

韓国メディアがソン・フンミンの今後を懸念 「アウェー戦のたびにブーイングを浴び…」

 その一方で、記事ではソン・フンミンのイメージについても言及。今年3回の退場処分を受けており、これは2010年にサンダーランド在籍のMFリー・カッターモール(現VVVフェンロ)以来、9年ぶりの出来事だという。ソン・フンミンに「悪童」のイメージが付きまとう可能性があり、記事では次のように指摘している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

「イングランドで頭角を現しているソン・フンミンに悪童のイメージの烙印が押されるのではないかと憂慮する部分がある。悪童のイメージが付けば、アウェー戦のたびにブーイングを浴び、プレーにも多大な影響を与える可能性がある」

 不名誉な記録を残してしまったソン・フンミン。母国メディアは「もちろん試合をしていれば退場になることもある」と擁護しながらも、「その頻度があまりにも多いことが問題だ」と嘆息をもらしている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド