久保建英が妙技も… マジョルカが強豪セビージャに完敗、VARでゴール取り消しとPK献上

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

久保が開始早々に元レアルDFを翻弄するも…強豪セビージャに0-2敗戦

 日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは21日、リーガ・エスパニョーラ第18節でセビージャと対戦し、ホームで0-2と敗れた。久保は先発フル出場し、開始早々に華麗なスキルでチャンスを演出したがゴールに絡めずに終わっている。

 バルセロナ、レアル・マドリードに次ぎ、リーグ3位につける強豪セビージャをホームに迎えたマジョルカだが、前半20分にDFジエゴ・カルロスに決められて先制点を献上した。

 反撃に打って出るマジョルカは前半43分、FWアンテ・ブディミルのゴールで同点に追いついたかと思われたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認を受けてゴールが取り消された。

 マジョルカが1点を追いかける展開のなか、後半17分にはMFイドリス・ババがエリア内でセビージャの選手の足を踏みつけ、一度プレーは流された。しかし直後にVARが介入し、一転してPK判定。これをセビージャMFエベル・バネガに決められ、0-2とリードを広げられた。

 試合はそのまま終了し、マジョルカはセビージャに完敗。VARでゴールを取り消され、VARでPK献上となったマジョルカにとっては厳しい判定となった。フル出場の久保は前半2分に元レアルのスペイン代表DFセルヒオ・レギロンを翻弄し、FWラゴ・ジュニオールの決定機を演出したが、その後は思うように存在感を示せずに終わっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング