「最高のスキル披露」 久保建英、元レアルDF翻弄の“決定機演出プレー”にリーガ公式称賛

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

試合開始早々にレギロンを置き去りにする圧巻の突破から決定機を演出 

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ第18節のセビージャ戦で先発出場。試合開始早々、華麗なボールタッチから迫力あるドリブル突破を見せ、精密クロスで決定機を演出した。リーガ公式も「久保建英から最高のスキルを披露」と文章を添え、動画を公開している。

 バルセロナ、レアル・マドリードに次ぎ、リーグ3位につける強豪セビージャをホームに迎えた一戦で久保は右サイドで先発を飾ると、試合開始早々に決定機を演出する。

前半2分、右サイドでロングフィードを受けた久保が華麗なボールタッチを見せると、マッチアップしたスペイン代表DFセルヒオ・レギロンを瞬発力あるドリブル突破で置き去りにし、右足でグラウンダーのクロスを供給。フリーのFWラゴ・ジュニオールに合わせるも、ゴール目前で放ったシュートは枠を捉えることができなかった。

 リーガ公式ツイッターは「久保建英が最高のスキルを披露も、ラゴ・ジュニオールが高く蹴りすぎてしまった」と文章を添え、久保が演出した決定機の場面を動画で公開。マッチアップした相手が、昨季までレアルに在籍し、中盤戦まであのブラジル代表DFマルセロからレギュラーの座を奪っていた逸材レギロンなだけに、与えたインパクトは小さくなかったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング