元ブラジル代表GK、欧州勢のクラブW杯への低意識指摘 「南米のように重要視されて…」

フラメンゴで2018年までプレーしたジュリオ・セザール氏【写真:Getty Images】
フラメンゴで2018年までプレーしたジュリオ・セザール氏【写真:Getty Images】

フラメンゴOBのセザール氏は、欧州勢はCLを優先する傾向があると主張

 カタールで開催中のFIFAクラブワールドカップ(W杯)は、決勝戦で欧州王者リバプールと南米王者フラメンゴの名門同士が対決する。元ブラジル代表GKジュリオ・セーザル氏はブラジル紙「ランス」に対して、欧州勢の今大会に対する意識の低さがフラメンゴのチャンスになると語っている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 セーザル氏は現役時代にキャリア最初と最後をフラメンゴで過ごし、昨年限りで引退した。欧州ではイタリア・セリエAの強豪インテルで長くプレーし、ポルトガルの名門ベンフィカでもプレーしてきた。

 そのセーザル氏は、欧州と南米それぞれのクラブでプレーした経験から、クラブW杯に対する意識の違いをこう語っている。

「フラメンゴは38年前に初めてチャンピオンになったところから、再びその座に着く大きなチャンスがある。欧州では私たち南米の人間のようにこの大会が重要視されていない。つまり、フラメンゴのほうがよりこの大会に強くフォーカスしている。もし、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)とクラブW杯を比較するとなれば、欧州の人々は必ずCLを上位に考えて優先順位を高める」

 フラメンゴが38年前に優勝したのは「トヨタカップ」と呼ばれた当時のインターコンチネンタルカップで、日本の国立競技場での一発勝負は元ブラジル代表でのちに鹿島アントラーズでもプレーしたブラジル代表MFジーコの活躍での優勝。そして、その時の対戦相手こそリバプールだった。

 果たしてフラメンゴは、2012年のコリンチャンス以来となる南米勢の世界一を実現できるのか。リバプールにとっても38年越しとなるリターンマッチに注目したいところだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」