メッシ、レアル戦で“パンツ露わ”の珍事 世界注目「大爆笑の決定的瞬間」に反響拡大

クラシコでメッシに起こった珍事が反響拡大【写真:Getty Images】
クラシコでメッシに起こった珍事が反響拡大【写真:Getty Images】

レアル戦の終了間際、クロースにユニフォームパンツを脱がされるメッシに脚光

 バルセロナとレアル・マドリードが激突したリーガ・エスパニョーラ第10節延期分の“エル・クラシコ”が現地時間18日に開催され、0-0のスコアレスドローに終わった。伝統の一戦で試合終盤、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがハプニングに見舞われ、ショートパンツが露わになる珍事が発生。海外メディアが一斉に反応しているなか、「大爆笑の決定的瞬間」と反響が拡大している。

 10月26日に開催予定だった一戦はバルセロナの政情不安により延期となり、12月18日に実施。ともにゴールを奪えないまま試合は終了し、リーガでのクラシコでは2002-03シーズンの第11節以来、約17年ぶりのスコアレス決着となったが、後半アディショナルタイムに珍しいシーンが生まれている。

 センターサークル付近でメッシとレアルのドイツ代表MFトニ・クロースがマッチアップ。メッシが抜き去ったかに思われたが、どうにか突破を食い止めようとしたクロースの手がメッシのユニフォームパンツに引っ掛かり、そのまま脱げるというハプニングが起きた。メッシの黒ショートパンツが露わになったが、直後にすぐさまユニフォームパンツを引き上げている。

 海外メディアはこのシーンに注目。英紙「ザ・サン」は「クロースがメッシのユニフォームパンツを引っ張る」と報じた一方、「幸いにもアルゼンチン人は(ショート)パンツをはき忘れていなかった」と冗談交じりに記しつつ、「大爆笑の決定的瞬間」とまとめている。

 また母国アルゼンチンメディア「infobae」が「クロースが型破りな方法を見つけたかもしれない」と伝えれば、英メディア「スポーツバイブル」は「クロースのように突破を止めようとした人はいない」と指摘した。

 試合は両軍ともにゴールが生まれず、消化不良とも言える結果となったが、名手メッシの“まさかのシーン”に注目が集まっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング