森保J、韓国戦「選手パフォーマンス査定」 JリーグMVPの起用法に問題あり、最低点は?

日本代表の(左から)橋岡、仲川、田中、相馬、大島【写真:Getty Images & Yukihito Taguchi】
日本代表の(左から)橋岡、仲川、田中、相馬、大島【写真:Getty Images & Yukihito Taguchi】

E-1のタイトルを懸けた韓国戦で0-1の敗戦 出場14選手を5段階査定

 森保一監督率いる日本代表は18日、韓国・釜山で開催されたE-1選手権の最終戦で韓国と対戦し、0-1で敗れた。日本は引き分け以上で優勝が決まる状況だったが、敗戦によってタイトルを逃している。

 試合は優勝のために勝たなければならない韓国が勢いよく入り、序盤から攻勢を掛けてくる。日本はなかなか押し返すことができず、セットプレーを中心に好機を作られると、前半28分にはMFファン・インボムにミドルシュートを決められて失点。後半は選手交代によって打開を図ったが、最後まで1点を返すことができなかった。ここでは韓国戦に出場した全14選手のパフォーマンスを、5段階評価(最高が五つ星=★★★★★)で評価した。

<GK>
■中村航輔(柏レイソル)=★★☆☆☆
 セットプレーからカウンターから多くの危険なシーンを作られ、前半のうちに先制を許した。失点シーンではニアを破られたものの、GKを責めるべき形ではないだろう。むしろ、前半から激しくプレッシャーを掛けてきた韓国に対してどう対応するのか、早い段階で後方から修正できなかったことが悔やまれる。

(出場なし)
小島亨介(大分トリニータ)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)

<DF>
■畠中槙之輔(横浜F・マリノス)=★★☆☆☆
 カウンターへの対処は悪くなかったが、相手に背負われた状態からボールを奪いに行く際、なかなか奪取まで持ち込むことができずに苦しんだ。ビルドアップでは苦心して工夫する姿が見え、浮き玉でシャドーに通すシーンも見られた一方、出しどころを探して詰まることも多く、連係面での難しさも感じさせた。

■三浦弦太(ガンバ大阪)=★★☆☆☆
 展開的には1失点では済まなかった可能性もあっただけに、劣勢の中でよく耐えたとも言える。ただ、2年前の韓国戦にも出場した経験豊富な選手として、前半のうちからチームを落ち着かせることはできなかった。後半に相手が引いてきてからは前に付けるパスも増えたが、試合の流れを大きく変えるには至っていない。

■佐々木翔(サンフレッチェ広島)=★★☆☆☆
 サイドの高い位置に張り出してくるキム・インソンの迫力に押され、押し込まれる時間帯が長くなってしまった。粘り強く対応していたものの、キャプテンとして試合中の早い時間帯に修正を施すことができなかった点は減点材料となる。間延びした展開もあり、中国戦で見せたようなビルドアップのパスもあまり見られなかった。

■橋岡大樹(浦和レッズ)=★☆☆☆☆
 サイドの攻防ではナ・サンホに対して後手に回るシーンが多く、ボールを奪えないまま展開されてチーム全体が後ろ向きにされてしまうことが目立った。対面のDFキム・ジンスも攻撃力があり、難しい対応ではあったが…。攻撃でもクロスをクリーンに入れるシーンはほとんどなく、存在感を発揮したとは言いがたい。

(出場なし)
菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)
渡辺 剛(FC東京)
古賀太陽(柏レイソル)

今、あなたにオススメ

トレンド