森保監督、日韓戦のキーワードは「激しく、厳しく、粘り強く」 選手たちに“覚悟”求める

日本代表の森保監督【写真:Football ZONE web】
日本代表の森保監督【写真:Football ZONE web】

E-1選手権の最終戦でホスト国の韓国とタイトルを懸けて激突

 森保一監督率いる日本代表は18日、韓国・釜山で開催されているE-1選手権の最終戦で韓国と対戦する。タイトルを懸けた一戦に向けて、指揮官は「球際のバトルで『激しく、厳しく、粘り強く』というところを覚悟して臨んでほしい」と“日韓戦”で求められるものを説いた。

 国内組のみのメンバー、なおかつ23人中14人が東京五輪世代という陣容の日本は、初戦で中国を2-1で下して白星スタート。第2戦では香港に5-0の大勝を収め、2連勝でホスト国の韓国との最終戦を迎えている。

 日本は引き分けでも優勝となる一方、韓国は優勝のために勝利が必須。有利な状況となっていることは間違いないが、「引き分けでOKではなくて、勝利してこの大会を終えるということを目指して、集中して最後に大きな成果を得られればなと思います」と釘を差し、次のように日韓戦を展望している。

「(韓国は)激しく厳しく、局面でのバトルの部分は継続しつつ、ボールを握って相手を崩していくサッカーを徹底していると感じます。相手のことはリスペクトしながら、まずはメンタル的な部分で我々が『やれる』という自信を持って試合に臨んでほしいですし、球際のバトルで『激しく、厳しく、粘り強く』というところを覚悟して臨んでほしいと思います」

 2年前の前回大会では、同じく引き分けでも優勝という状況で最終戦の日韓戦となり、1-4の大敗を喫した苦い記憶がある。リベンジを果たすためにも、指揮官は一切の妥協を排して決戦に臨む。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部・片村光博 / Mitsuhiro Katamura)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング