GK大迫敬介、“日韓戦”は「ここ2試合とは違う」と展望 E-1優勝懸けた一戦に準備万端

日本代表GK大迫敬介【写真:Football ZONE web】
日本代表GK大迫敬介【写真:Football ZONE web】

「いつ誰が抜擢されてもいいような準備はしてきた」と大一番へのイメージを明かす

 森保一監督率いる日本代表は18日、韓国・釜山で開催されているE-1選手権の最終戦で韓国と対戦する。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)は「いつ誰が抜擢されてもいいような準備はしてきた」と明かし、“日韓戦”への展望を語った。

 日本は今大会に国内組のみのメンバーで臨み、23人中14人が22歳以下の東京五輪世代という若手中心の構成。初戦で中国を2-1で下すと、第2戦では香港に5-0の快勝を収め、同じく2連勝の韓国との最終戦は、優勝を決する大一番となる。

 今夏のコパ・アメリカ(南米選手権)以来のA代表招集となった大迫は、香港戦で先発フル出場。試合翌日の15日は軽めの調整となったものの、16日には中国戦のメンバーとともにメニューを消化している。

 韓国戦ではGK中村航輔(柏レイソル)とのどちらかが起用される見込みだが、「立場的にはまだ分からないですけど、いつ誰が抜擢されてもいいような準備はしてきたつもりです」と語る。大一番の守護神に指名されれば、どう戦っていくかのイメージも明確だ。

「タイトルが懸かっている試合なので、僕たちとしても良い形で優勝したい。相手は勝たないと優勝できないので、そういった意味ではどんどんゴールを狙ってくると思う。そういうところをしのぎながら、逆に前掛かりになってきたところを突いていけるように、準備はしています」

 優勝を懸けた一戦かつ、因縁の日韓戦。単純なチーム力の違いもあるだけに、大迫は「ここ2試合とは違うゲームになる」とも展望する。比較的、ボールを持って試合をコントロールできた過去2試合とは異なり、圧力をかけられる展開も予想されるからこそ、「受け身にならず、自分たちの強みをもっと出していくべきだと思います」と積極的な試合運びの重要性を強調した。

 GKとしてセービングに力を発揮しつつ、ボールをキャッチすれば強肩を生かしたスローイングなど、素早いフィードで攻撃の起点ともなる大迫。日韓戦のゴールマウスを任された時には、最後尾から全体にアグレッシブさを伝播させるプレーを期待したい。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(片村光博 / Mitsuhiro Katamura)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング