韓国代表MF、衝撃“カンフーキック”の中国を警戒 「ラフプレーをすると知っている」

中国代表DFジャン・ジーポンの行為を見て、韓国代表MFチュ・セジョンが警戒【写真:Getty Images】
中国代表DFジャン・ジーポンの行為を見て、韓国代表MFチュ・セジョンが警戒【写真:Getty Images】

韓国代表MFチュ・セジョンはカンフーキックを含めた相手の激しいプレーを警戒

 韓国代表は15日、地元で開催されているE-1選手権第2戦で中国代表と対戦する。中国代表DFジャン・ジーポンが現地時間10日の日本戦でMF橋岡大樹(浦和レッズ)の後頭部に危険なジャンピングキックを見舞って波紋が広がったなか、韓国代表MFチュ・セジョン(FCソウル)は、「ラフプレーをする側面があることも知っている」と警戒した。韓国紙「韓国経済新聞」が報じている。

 韓国と対戦する中国は、大会初戦で日本と対戦して1-2で敗戦。試合の結果以上に注目を浴びたのがジャン・ジーポンの“カンフーキック”だった。日本戦の前半31分、ジャン・ジーポンは右サイドでロングボールを受けようとした橋岡に対して左足を振り上げて対応。その足が橋岡の首元と後頭部を直撃し、そのままピッチに倒れ込んだ橋岡はしばらく立ち上がれず、主審はすぐさまイエローカードを提示した。

 もう少し勢いがついていれば、スパイクの裏で後頭部をより強打したかもしれないラフプレーは大きな波紋を呼んだ。

 初戦の香港戦(2-0)で出番のなかったボランチのチュ・セジョンは、「中国とは幼い頃から何度も戦ってきた。中国がラフプレーする側面があることは知っている。中国がラフにくれば、我々は良いゲームはできない」と言及。日本戦でイエローカード3枚を提示された激しいプレーを警戒しつつ、記事ではその対策についても語っている。

「攻撃のテンポが遅くなれば相手とぶつかる状況ができ、怪我の可能性が増す。中国がラフに来るなら、それ以上に激しく戦わないといけない。私が強くプレーできれば、同僚はより快適にプレーできるだろう。相手のラフプレーに興奮せず、冷静にプレーすることが重要だ」

 韓国としては、最終戦で日本を下して優勝するためにも、是が非でも中国戦は勝利が欲しいところ。国のプライドを懸けた激しい戦いとなりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」