バルサが唯一の“200億円超”で1位! 昨季リーガ放映権料「クラブ別分配金」を発表

リーガ・エスパニョーラの放映権料の分配が発表された【写真:Getty Images】
リーガ・エスパニョーラの放映権料の分配が発表された【写真:Getty Images】

2018-19シーズンの分配金1位はバルサ、2位の宿敵レアルとは約13億円の差

 リーガ・エスパニョーラは、12日に2018-19シーズンにおける放映権料の分配について発表した。最も分配金が多かったのは優勝したバルセロナで、その金額は1億6650万ユーロ(約201億円)となっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リーガ・エスパニョーラは、昨季得た放映権料を各クラブに分配した金額を公表。総額は14億2000万ユーロ(約1715億円)で、2部の放映権料を合わせると15億7830万ユーロ(約1906億円)となった。

 その放映権料は各クラブへ分配されることになっているが、その額が最も多かったクラブはバルサで1億6650万ユーロだった。次いで分配金が多かったのは、レアル・マドリードで1億5530万ユーロ(約188億円)となっている。3番目に多かったのはアトレチコ・マドリードで、1億1920万ユーロ(約144億円)となった。

 その他のチームでは、4位がセビージャの8010万ユーロ(約97億円)となり、最も分配金が少なかったチームはウエスカで4420万ユーロ(約53億円)となっていた。

 近年のリーガで上位を占めるバルセロナ、レアル、アトレチコの金額は別格で、3チームのみが1億ユーロ超えの分配金が用意された。この3チームは、さらにUEFAチャンピオンズリーグにも出場して上位に進出しているので、そちらの分配額を合わせるとリーガの他クラブとの貧富の差はさらに広がることになる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」