上々デビューの森島司、E-1で貫く「いつもどおり」の姿 「笛が鳴ったら変わらない」

中国戦で先制点をアシストしたMF森島【写真:Football ZONE web】
中国戦で先制点をアシストしたMF森島【写真:Football ZONE web】

「試合に出続けてレベルアップするしかない」と気負うことなく臨む

 森保一監督率いる日本代表は韓国・釜山で開催されているE-1選手権に参加し、10日の初戦では中国を2-1で下した。この試合で先発フル出場して代表デビューを飾ったMF森島司(サンフレッチェ広島)は、激しいポジション争いにも「いつもどおり、試合に出続けてレベルアップするしかないですね」と強調し、A代表の場でもブレないメンタリティーを示している。

 日本は今大会に国内組のみのメンバーで臨み、森島を含む23人中14人が22歳以下の東京五輪世代の選手とフレッシュな顔ぶれとなった。中国戦では3-4-2-1システムを採用。試合序盤は苦しんだが、前半29分にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)で先制すると、後半25分にはDF三浦弦太(ガンバ大阪)のゴールで加点。終盤に1点を返されたものの、重要な初戦で勝ち点3を手にしている。

 この試合の攻撃を牽引した1人が、広島でプロ入り当初に森保監督の指導を受けてシャドーにコンバートされ、現在も3-2-4-1システムのシャドーとしてレギュラーをつかむ森島だ。中国守備陣のギャップでボールを受けて起点を作るだけでなく、先制点の場面ではFW上田綺世(鹿島アントラーズ)との連係から抜け出して鈴木のゴールをアシスト。A代表デビュー戦とは思えない、堂々としたパフォーマンスを披露した。

 森島は、現代表でのシステムについて「今のサンフレッチェの3バックというよりも、(プロ)1~2年目くらいの考え方ではあります」と語る。具体的にはサイドに流れるよりも、「もうちょっと真ん中でプレーできるシーンは多い」という。そうした細かな違いを認識し、適応しながら持ち味を発揮したからこそ、中国戦では輝きを放った。単なる3バックへの“慣れ”だけが理由ではないだろう。

 もっとも、3バックならシャドー、4バックなら2列目と目される森島のポジションは、現在の日本代表で“最激戦区”の一つ。主に3バックを採用する五輪代表でも、MF久保建英(マジョルカ)やMF堂安律(PSV)、MF三好康児(アントワープ)らが競争相手となる。それでも、森島はそうした状況を「意識はしないです」ときっぱり。「意識したところで、笛が鳴ったら、プレーになったら変わらない。いつもどおり、試合に出続けてレベルアップするしかないですね」と強調した。気負うことなく実力を発揮できるメンタリティーは強みだろう。

 軽やかなプレーを見せるピッチ内と同様、ピッチ外でも飄々とした雰囲気をまとうが、その言葉は“芯”の強さを感じさせる。あと2試合を残す今回E-1選手権で、さらなる飛躍を遂げる可能性も十分だ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」