今季低迷の浦和が改革宣言 リーグタイトル奪還の“3年計画”に掲げた補強ポイントは?

浦和レッズは3年改革で長期的なチーム強化を宣言した【写真:AP】
浦和レッズは3年改革で長期的なチーム強化を宣言した【写真:AP】

土田SDは「新しいコンセプトの下で、新しいレッズを作る」と宣言

 浦和レッズは12日にさいたま市内で記者会見を行い、来季の強化体制について説明。新任の土田尚史スポーツダイレクター(SD)は3年計画でのリーグタイトル奪還と長期的な強化を実現するためのコンセプトを語るとともに、来季の補強ポイントにストライカーとセンターバックを挙げた。

 浦和は昨年4月にオズワルド・オリヴェイラ前監督の招聘と時を同じくして就任した、中村修三ゼネラルマネージャーが退任。来季に向け、強化部門でトップチームに特化した責任者に土田SDを据え、それをサポートするテクニカルダイレクター(TD)に西野務氏を任命した。2人はともにJリーグ開幕から浦和でのプレー経験を持ち、土田氏はその後にGKコーチとして現場に、西野氏は大学教授などクラブ外で活動してきた。

 今季リーグ戦で14位に終わったことからの巻き返しが求められるが、土田SDは短期的な視点でものを見ることを繰り返すことこそ浦和の悪例であるとして、中長期的なコンセプトの必要性を説いた。

「短期的な結果を求める、直近のシーズンだけのことを考えるのではなく、なぜこうなっているかを考えるのが重要。コンセプトが不確定ななかで目先の結果ばかりを追い求め、上手くいかなければ監督も獲得する選手も変わる。今後の浦和レッズにとって、それは避けたい。新しいレッズを作るためにはコンセプトとサッカーを作る流れにしないといけない。今季に関してもシーズン途中の監督交代。今までと同じことを繰り返している。それを見直す。来季は新しいコンセプトの下で、新しいレッズを作るスタートにしたい」

 また土田SDは、サッカーの部分でのコンセプトについて「個の能力を最大限に発揮すること。前向き、攻撃的、情熱的なプレーをすること」としたうえで、具体的には「最終ラインを高く設定し、前線からをコンパクトに、奪う、攻撃、ゴールをできるだけスピーディにする。そのためには細やかなラインコントロールが必要。攻撃はとにかくスピード。運ぶ、数的優位を作る、短時間でゴールに迫ること。攻守に認知、判断、実行のプロセスを早めること。それを共有してパフォーマンスを上げることを目指す」と話した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング