14位に不満の浦和ファンが大ブーイング 大槻監督が神妙な面持ち「重く受け止めている」

浦和レッズの大槻監督【写真:高橋学】
浦和レッズの大槻監督【写真:高橋学】

G大阪戦で2-3敗戦、14位の結果に大槻監督が課題指摘「得点力は改善できなかった」

 浦和レッズの大槻毅監督は、7日のリーグ最終節、ガンバ大阪戦に2-3で敗れて14位でシーズンを終えると、「得点力は改善できなかった」と課題を振り返った。そして、試合後の大ブーイングに「重く受け止めている」という言葉を残している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和は前半から相手のボール回しにプレスが噛み合わなかった。その展開を「非常に残念な内容」と表現し、「え、そこでボールを失うのというミスもあった」と振り返った。後半こそ巻き返す内容にはなったが、1-1と追いついた直後にセットプレーで失点し、前掛かりになったところをカウンターでさらに追加点。最後に1点は返したが、2-3のスコア以上に1-3にされる過程の内容が、いかにも勝てないチームを象徴するものだった。

 大槻監督は今季、5月末にオズワルド・オリヴェイラ監督との契約解除を受けて正式監督に就任。昨季には暫定監督を務め、トップチームではヘッドコーチを務めていたこともあり、チームのことは熟知していたはずだ。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で決勝進出という結果を出した一方で、リーグ戦では参入プレーオフ行きの16位と勝ち点1差の14位という事実が残った。

 リーグ戦のホームゲームで17試合中4勝、失点は「50」の大台に乗るといったネガティブなデータもあるが、何よりも得点力の低さが課題だった。大槻監督は「シーズンを通して、シュートが枠に飛ばない。その得点力は改善できなかった。今日にしても、前が空いてシュートを打てている場面はある。それが枠に飛んだ時はそれなりに結果も出ている」と、課題を話した。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】