J1川崎×横浜FM、ハーフタイムで“主審交代”の珍事 西村主審から第4審判・清水氏に変更

西村主審から後半主審が変更の珍しい事態【写真:Getty Images】
西村主審から後半主審が変更の珍しい事態【写真:Getty Images】

優勝決定の可能性がある大一番、西村主審がハーフタイムで退く

 J1リーグは30日、全9試合が14時に同時キックオフされた。前節終了時点で首位の横浜F・マリノスは、アウェーの等々力陸上競技場に乗り込み川崎フロンターレとの“神奈川ダービー”に臨んだが、この試合でハーフタイムに主審が交代する珍事が発生した。

 横浜FMは前節、松本山雅FCに敵地で1-0と勝利し、勝ち点を「64」に伸ばして今季初の首位に浮上。2位FC東京と勝ち点「1」差のため、この試合に勝ち、FC東京が浦和に敗れれば優勝が決まる条件で、“2連覇王者”川崎とのアウェーゲームを迎えた。

 注目の一戦は、西村雄一主審がキックオフの笛を吹いて開始。前半8分にFW仲川輝人が先制ゴールを決め、前半を1-0で終えた。

 そしてハーフタイムを終え、ピッチに入ると主審は第4審判を務めていた清水勇人氏に変更されていた。優勝決定の大一番で、試合中に主審交代という珍事が発生している。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング