「メッシとC・ロナウドでも…」 柏FWの“歴史的8発”に海外騒然「日本を去るタイミング?」

柏FWオルンガ【写真:Getty Images】
柏FWオルンガ【写真:Getty Images】

オルンガがJリーグ歴代最多となる8ゴールを記録「セクシーでエキサイティング」

 柏レイソルは24日、J2リーグ最終節で京都サンガF.C.に13-1と大勝を収めた。今季ラストゲームで歴史的なゴールショーを披露したが、1試合8ゴールと驚異的な得点力を見せつけたFWオルンガに対し、母国のケニアメディアは「メッシとロナウドでもできなかったことをやってのけた」と大々的に取り上げている。

 前節のFC町田ゼルビア戦(3-0)でJ2優勝とJ1復帰を決めた柏は、最終節でJリーグの歴史に残る圧巻のゴールラッシュを見せた。前半6分と23分にオルンガが得点を決めると、同27分にはMF瀬川祐輔が追加点。さらにその6分後にオルンガがゴールを挙げ、早々にハットトリックを達成した。

 しかし、25歳のケニア代表FWの勢いはさらなる加速を見せる。同12分にオルンガが再びネットを揺らして4得点目。その後、FWクリスティアーノにもゴールが生まれて6-1で迎えた後半20分、22分、33分にもオルンガはゴールを奪い、さらに極めつけは同アディショナルタイムにチーム13点目となる一撃を決め、ゴールショーを締め括った。

 Jリーグ歴代最多記録となる1試合8ゴールを決めたオルンガに母国のメディアも反応。ケニアメディア「GAME Yetu」は「オルンガはメッシとロナウドでもできなかったことをやってのけた」と見出しを打って報じ、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドでも未到達の偉業を成し遂げたことを強調していた。

「勝利へと導いたゴールだっただけでなく、セクシーでエキサイティングなパフォーマンスだった」と称賛の言葉を送ると、「日本を去るタイミングが訪れた?」と日本で躍進を遂げた25歳オルンガの今後のステップアップにも注目していた。オルンガの歴史的8ゴールは世界の関心をも引きつけるものだったかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング