伝説の“爆撃機”に次ぐ13戦13ゴールの衝撃 ドイツ新時代のエース、監督絶賛の才能とは?

すでに18歳当時のニャブリに惹かれていたレーブ監督 「W杯に連れていこうかと…」

 ニャブリには、自分を中心にチームが回らなければ点が取れないというようなことがない。誰とプレーをしても、噛み合わせることができる。バイエルンではロベルト・レバンドフスキと、代表ではサネという全く違うタイプのチームメートとプレーすることになるが、パフォーマンスが損なわれることが非常に少ない。いつでも攻守に全力で臨む。

 そうしたニャブリの姿勢を高く評価しているレーブ監督は、「2014年初頭にアーセナルのゲームで、セルジュのプレーを何度か視察した。ブラジル・ワールドカップに連れていこうかと思っていたほどだ」とその思いを明かした。

 当時ニャブリはまだ18歳。だが、すでにその素質にレーブ監督は惹かれていた。

 次のステップを踏むためにも、EUROでの活躍が待ち遠しい。レーブ監督は「EUROで本当のワールドクラスの選手への道を歩むことができる。ビッグトーナメントで誰がビッグプレーヤーかが示される」と話していた。飽くなき向上心で努力を積んでいくニャブリが、さらなる輝きを放つ瞬間を楽しみにしたい。

(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)


page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング