伝説の“爆撃機”に次ぐ13戦13ゴールの衝撃 ドイツ新時代のエース、監督絶賛の才能とは?

ドイツ代表で活躍を見せるセルジュ・ニャブリ【写真:Getty Images】
ドイツ代表で活躍を見せるセルジュ・ニャブリ【写真:Getty Images】

北アイルランド戦でハットトリックのニャブリ、ドイツをEURO出場に導く

 ドイツ代表は欧州選手権(EURO)予選グループCを首位で突破した。そんな新生ドイツ代表における新しいエースが、セルジュ・ニャブリ(バイエルン・ミュンヘン)だ。

 代表歴13試合で13ゴールという数字を上回るのは、“爆撃機”の異名で知られるあの伝説の点取り屋ゲルト・ミュラーしかいない。2016年11月のサンマリノ戦でデビューを飾ったニャブリは、その試合でいきなりハットトリックをマークするという衝撃をもたらした。18年ロシア・ワールドカップでグループリーグ敗退という惨敗劇に泣いたドイツ。世代交代に乗り出したヨアヒム・レーブ監督が当初、その旗頭と期待していたのはレロイ・サネ(マンチェスター・シティ)だった。だが、期待のレフティーは今年8月4日、リバプールと対戦したコミュニティ・シールドで、膝の前十字靱帯に重傷を負い、半年以上の離脱となってしまう。ドイツにとってもあまりに痛すぎるニュースだったが、そんな窮状を救ったのがニャブリだ。

 センターフォワードで起用されるようになると、一気に得点数が増えてきた。縦横無尽にピッチを走り回りながら、好タイミングでボールを引き出して攻撃のリズムを作り出していく。それだけではなく、チャンスになると相手の死角を突きながら、ペナルティーエリアでボールを受けてゴールを次々に決めていくのだ。

 レーブ監督は「セルジュ・ニャブリはいつでもプレーをする」と公言し、完全に主軸として絶大な信頼を受けている。同僚のヨシュア・キミッヒも「間違いなくワールドクラスの選手だ。あれだけの能力を持った選手を他に見つけるためには、相当探し回らなければならないだろうね」と大絶賛。ハットトリックを決めた19日の北アイルランド戦(6-1)後に、ニャブリは試合ボールを記念に持ち帰り、「僕のゴールでチームを助けることができて嬉しいよ」と素直に喜び、自身の代表での好パフォーマンスについて「ユース時代から慣れているポジションでプレーできているから」と明かしていた。

 すべて流れるようにプレーができる。レーブ監督は試合後、「チームにとって何よりも重要な選手だ。ボールを素晴らしく扱うことができる。1トップの位置に固定してプレーするのではなく、試合の流れでいろいろなポジションを探り出せる。テクニックレベルが非常に高く、狙い通りにゴールを決めていく。アシスト能力も高い。ゴールを決めるという点だけではなく、チームのために走り、汗をかき続けてくれる。非常に価値の高い選手と言えるだろう」と手放しに誉めているが、それに値するだけのプレーを見せているのは確かだ。

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング