モウリーニョ監督も拍手 トッテナムMFデレ・アリの仰天パスに英称賛「素晴らしい即興」

トットナムMFデレ・アリのプレーが反響を呼んでいる【写真:Getty Images】
トットナムMFデレ・アリのプレーが反響を呼んでいる【写真:Getty Images】

モウリーニョ新体制の初陣ウェストハム戦で3-2勝利、デレ・アリがライン際で美技披露

 トットナムは23日、ジョゼ・モウリーニョ監督の初陣となるプレミアリーグ第13節でウェストハムを相手に3-2で勝利を収めた。ブラジル代表FWルーカス・モウラが決めたチーム2点目の起点になったイングランド代表MFデレ・アリのライン際での美技に「信じられないようなフリックアシスト」「素晴らしい即興」などと称賛が集まっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の解任を受けて就任したモウリーニョ新監督の下、トットナムはアウェーでのウェストハム戦に臨んだ。前半36分に韓国代表FWソン・フンミンの左足シュートで均衡を破り、幸先の良いスタートを切った。

 そして同43分には追加点が生まれるが、その起点となったアリのプレーが注目を集めている。

 左サイドのタッチライン際でフリーになったアリだったが、味方からのパスが背後にずれてしまい、パスを受けると同時に体制を崩してピッチに倒れ込んだ。ボールもそのままラインを割るかと思われたが、アリは倒れたまま右足でボールをフリックし、ソン・フンミンにつないでチャンスを作り出したのだ。

 そこからドリブルで持ち込んだソン・フンミンが左足でゴール前にクロスを送り、走り込んだルーカスが2点目をゲットした。

 このアリのプレーを英衛星放送局「BTスポーツ」のツイッターが「アリの素晴らしい即興」と絶賛すれば、英紙「デイリー・メール」は「デレ・アリの信じられないようなフリックアシストにファンも熱狂」と大々的に報じた。アリのプレーをすぐ側で見ていたモウリーニョ監督も思わず拍手する様子がテレビ中継にも捉えられていた。

 トットナムは後半にエースのイングランド代表FWハリー・ケインにもゴールが生まれて3得点を先行。その後に2失点を喫したものの、3-2で逃げ切ってモウリーニョ監督の初陣を白星で飾った。勝利を呼び込むアリの執念のプレーに称賛が集まっている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング