トッテナム新監督に名将モウリーニョが就任 23年まで契約締結「ワクワクしている」

ジョゼ・モウリーニョがトットナムの監督に就任【写真:Getty Images】
ジョゼ・モウリーニョがトットナムの監督に就任【写真:Getty Images】

成績不振でポチェッティーノ監督が電撃解任 ポルトガル人の名将に白羽の矢が立つ

 トットナムは解任したマウリシオ・ポチェッティーノ前監督の後任として、ジョゼ・モウリーニョ氏を招聘したことを20日に正式発表。ポルトガル人の名将は、2022-23シーズンまでの契約にサインした。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 現在プレミアリーグで14位(3勝5分4敗)と低迷するトットナムは、現地時間19日にポチェッティーノ監督の解任を発表。選手たちにとっても寝耳に水の電撃解任だった。

 後任としては数人の候補の名前が挙がっていたなかで、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドでの実績あるモウリーニョ氏に白羽の矢が立った。同氏は昨年12月にユナイテッドを退団し、その後は解説業などに勤しんでいたが、トットナムと2022-23シーズンまでの3年半契約を結び、約11カ月ぶりに現場復帰を果たす。

 モウリーニョ氏はクラブ公式サイトを通じ、「素晴らしい伝統があり、情熱的なサポーターのいるクラブに加入することができ、興奮している」と就任の喜びを語った。「スカッドとアカデミー、両方のクオリティーにワクワクしている。この選手たちと一緒に働くことに惹かれた」とオファーを受けた理由も明かした。

 不振を極めるトットナムだが、モウリーニョ氏の就任で上昇気流に乗ることができるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング