神戸ポドルスキ、赤グローブ着用の凛々しい“ボクサーショット”に反響 「チャンピオン!」

ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ【写真:Football ZONE web】
ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ【写真:Football ZONE web】

故ネルソン・マンデラ氏の名言を綴ってボクサー姿を公開

 ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは18日、自身の公式インスタグラムを更新。赤いボクサーグローブを身に着けた凛々しい姿を公開し、ファンからの反響を集めている。

 神戸加入3シーズン目となる今季、ポドルスキは元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、同FWダビド・ビジャらと豪華攻撃陣を形成したものの、負傷の影響もあり5月26日に行われた第13節湘南ベルマーレ戦(4-1)の途中出場を最後に戦線離脱。しかし10月19日のFC東京戦では後半15分から出場し、リーグ戦約5カ月ぶりの復帰を果たすと、4日後の天皇杯準々決勝の大分戦にも後半40分から投入され、チームのベスト4進出決定の瞬間を迎えた。

 残された唯一のタイトルに向けて邁進するなかで、18日に公式インスタグラムを更新。英語で「何事も成功するまでは不可能に思えるものである」という故ネルソン・マンデラ氏(南アフリカ元大統領)の名言を綴り、赤いボクサーグローブを両手に身に着け、正面を向いて構える凛々しい写真を公開した。

 投稿のコメント欄では「めっちゃカッコいい!」「チャンピオン!」「将来はプロボクサー?」と反響が集まり、「そのとおり!」と名言の内容に共感する声もあった。また、現役プロボクサーのバダ・ハリからもコメントが寄せられている。

 勝負の終盤戦に向けて“ファイト”する覚悟を示したポドルスキ。神戸の初タイトル獲得を成し遂げることはできるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング