先発濃厚の堂安律、自身が感じる“シャドー適正”は? 「少し高い位置が取れるので…」

U-22日本代表MF堂安律【写真:Football ZONE web】
U-22日本代表MF堂安律【写真:Football ZONE web】

初招集の東京五輪世代で右シャドーとしての先発が濃厚

 U-22日本代表が16日、国際親善試合U-22コロンビア戦(17日/エディオンスタジアム広島)に向けて公式練習に臨んだ。この日、A代表を率いて敵地で行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦(2-0)から帰国した森保一監督は即広島入り。東京五輪世代にとって国内“お披露目”となるコロンビア戦ではすでにA代表で主力として活躍し、同世代では初招集となったMF堂安律(PSV)が、先発濃厚となるシャドーについての適正に自信を見せた。

 東京五輪世代にとって重要な一戦を前に、エース候補の堂安は真剣な表情で決意を語った。14日に行われたサンフレッチェ広島との練習試合(35分×2本/0-1)では22人の招集メンバーのなかで、1人だけ出場せず。14日、15日と素走りを行うなど調整を続け、“ぶっつけ本番”でもコンディションの良さには手応えを感じているようだ。

「個人的にはかなりリフレッシュできています。これほど試合の期間が空くことは最近なかったので……。中2日、3日で試合をやっていたなかで、今回は中5日ぐらい空くので、こんなに体変わるんや、というちょっと久々の感覚」

 MF久保建英(マジョルカ)とともにA代表で経験を積んできたが、一方で世代別代表としては2017年のU-20W杯韓国大会を最後に招集されず。森保監督が就任した昨年の立ち上げからは一度も参加できていなかった。A代表との違いは「システム」というが、4-2-3-1が基本のA代表と違い、U-22代表は3-4-2-1を主とする。堂安は右シャドーとして得点に直結する活躍が期待されており、本人も自覚。練習後には横内昭展コーチと久保と3人で戦術の確認も行った。

「(シャドーではサイドより)少し高い位置が取れるので、もう少しフィニッシャーの役割ができると思う。そこは狙っているので、一発を決められるスペースが多いんじゃないかな。ゴールの近くでプレーできるので、自分の特徴であるシュートが見せられる。そこはポジティブなところであると思うし、あとは後ろの5枚DFにいることで前からアグレッシブな守備ができるので、あまり考えずに、ダメなら攻め残りということもできると思う。(サイドより)アグレッシブに攻撃的なプレーヤーになれるんじゃないかなと思います」

 左シャドーに入ると思われる久保とともに連係でゴールを目指していく堂安。自身が“適正”だと感じる右シャドーでA代表としての意地を見せてほしい。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング