韓国人選手の“能力値”が低すぎる? 世界的人気ゲームに韓国ファン不満「久保よりも…」

イ・ガンインが「久保建英よりも低い数値だった」との指摘も…

 さらに韓国内のサッカーファンをイライラさせているのが、日本代表MF久保建英の存在とその能力値だ。マジョルカのトップチームでプレーする久保の数値が、ソン・フンミンとあまり変わらないことに韓国サッカーファンが不満を爆発させているという。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 同紙は「久保の全体的なポテンシャル(潜在性)は公開されなかったが、彼がゲーム内で成長した場合、ソン・フンミンよりも高い能力値の選手に成長する可能性がある」とし、さらに「同ゲームシリーズは日本の選手に対する能力を過度に高評価していると批判を受けている」とも伝えている。

 比較対象はまだあった。「韓国代表MFイ・ガンイン(バレンシア)も「ワールドクラスに成長する可能性がある、『ワンダーキッド』に選出されながらも、久保建英よりも低い数値だった」とも報じている。

 ソン・フンミンと久保の能力値があまり変わらず、さらに久保よりもイ・ガンインの数値が低いとなれば……、韓国サッカーファンも黙ってはいられないということだろうか。

(金 明昱 / Myung-wook Kim)

page1 page2

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド