英女子代表、ドイツ戦で入場者“最多”記録 7万7768人動員も“なでしこ”には及ばず…

イングランド女子代表が入場者“最多”記録【写真:Getty Images】
イングランド女子代表が入場者“最多”記録【写真:Getty Images】

英国内の女子サッカー最多観客数は8万人超えのロンドン五輪決勝…日本対アメリカ

 イングランド女子代表は現地時間9日に国際親善試合としてドイツ女子代表と対戦し1-2で敗れた。だが、イングランド女子代表としての観客動員数は過去最高を記録した。英テレビ局「ITV」によれば、その試合の観客動員数は7万7768人と女子の試合としては記録的な数字を残し、2014年の同カードで記録した4万5619人を大きく上回ることになった。

 今夏に開催されたフランス・ワールドカップ(W杯)でベスト4入りを果たしたイングランド女子代表は、勢いに乗っているようだ。ドイツ女子代表との試合が開催される約1カ月前には、そのチケットが完売。イングランド国内でも最大級の収容能力を持つウェンブリー・スタジアムで行われる予定だったことから、観客動員数は過去最高の人数になると予想されていた。

 試合は1-2で敗れてしまったが、観客動員数は7万7768人を記録。イングランド女子代表が2014年に同会場のウェンブリー・スタジアムで、ドイツと対戦した時に記録した4万5619人を大きく上回って、イングランド女子代表の観客動員数記録を更新した。

 しかし、国内で行われた女子サッカーの観客動員数記録は破れなかったという。イングランド国内で行われた女子サッカーの観客動員数記録は、同じくウェンブリー・スタジアムで行われ、日本とアメリカで争われたロンドン五輪の決勝(1-2)となっている。その人数は8万23人。今回の親善試合ではわずかに下回ることになってしまった。

 国内の観客動員数記録を打ち破ることはできなかったが、サッカーの母国イングランドでは女子サッカー熱が上がっていることは確かと言えそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング