「久保の魔法になす術なし」 圧巻の“タケ劇場”に海外メディアも驚愕「主役となった」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

久保が初ゴールを含む全3ゴールを演出 マジョルカはビジャレアルに3-1の快勝

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間10日、リーガ・エスパニョーラ第13節のビジャレアル戦に先発出場し、移籍後初ゴールを記録。2本のPK奪取の起点にもなり、3-1の快勝に大きく貢献した。海外メディアは「久保の魔法になす術なし」「タケ劇場」と惜しみない賛辞を送っている。

 今夏レアル・マドリードに完全移籍した久保は、プレシーズンをトップチームで過ごした後、開幕直前に昇格組マジョルカへの期限付き移籍を決断。第5節ヘタフェ戦(2-4)では初アシストを記録するも、ここまでリーガ初ゴールはお預けとなっていた。

 ビジャレアル戦では前半13分、左サイドを突破した久保が鋭いフェイントでペナルティーエリアに侵入すると、相手選手に倒されてPKを獲得。さらに同22分に右サイドでの華麗なヒールパスから2本目のPKを演出し、マジョルカは2点のリードをもって前半を折り返した。

 後半4分に1点を返されるも、2-1で迎えた同8分、待望の瞬間が訪れる。ペナルティーエリア手前でボールを受けた久保が鋭いボディフェイントでシュートコースを生み出すと、そのまま左足を一閃。強烈な一撃をゴール右隅に突き刺した。ネットを揺らした瞬間、久保は歓喜の咆哮を見せ、チームメートも駆け寄って祝福した。

 久保がこの試合で披露した圧巻のパフォーマンスを受け、衛星放送「ビーイン・スポーツ」スペイン版は「ビジャレアルはPKと久保の魔法になす術なし」と見出しを打って報じると、スペイン紙「マルカ」は「タケ劇場」と表現し、「久保が主役となった」と称賛を送っている。久保が見せた初ゴールを含めた見事なプレーの数々は、世界の注目を一気に集めているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング