久保建英、華麗ヒールパスでゴール演出! スペイン紙絶賛「マスターパスが生み出した」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

ビジャレアル戦で2本のPK奪取に絡む活躍を披露 

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間10日、リーガ・エスパニョーラ第13節のビジャレアル戦に先発出場し、2本のPK獲得に絡む活躍でチームに2点のリードをもたらした。スペイン紙は久保が披露したヒールパスを「マスターパス」と表現し、称賛の言葉を送っている。

 今夏レアル・マドリードに完全移籍した久保は、プレシーズンをトップチームで過ごした後、開幕直前に昇格組マジョルカへの期限付き移籍を決断。第5節ヘタフェ戦(2-4)では初アシストを記録した。第6節アトレチコ・マドリード戦(0-2)では初先発を飾るも明確な結果を残せず、その後はなかなか主力に定着しきれないなかで、ビジャレアル戦では右サイドハーフとして2試合連続で先発に名を連ねた。

 そして試合開始早々の前半13分、久保が決定的な仕事を果たす。CKのこぼれ球を左サイドで拾った久保は、瞬発力のあるスピードで相手MFアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサを振り切りペナルティーエリアに侵入。詰めてきた相手MFジェラール・モレノも鋭いフェイントでかわすと、相手MFビセンテ・イボーラに足をかけられて転倒し、これがPK判定に。FWラゴ・ジュニオールが決め切り、先制に成功した。

 さらに前半22分、久保は右サイドで華麗なヒールパスを送り、決定機を演出。このプレーが起点となり、マジョルカは2本目のPKを獲得した。MFダニエル・ロドリゲスが決め、リードを2点に広げた。これを受け、スペイン紙「マルカ」は公式ツイッターで「久保のマスターパスが、1対3の局面を生み出した」と投稿している。

 また、速報記事でも「久保のヒールパスが起点となった」と伝えており、久保が際立ったパフォーマンスを発揮したことを強調していた。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング