アーセナルMFの無謀すぎる“ラグビータックル”に英騒然 「レッドカード回避は幸運」

アーセナルのゲンドゥージのタックルが話題【写真:Getty Images】
アーセナルのゲンドゥージのタックルが話題【写真:Getty Images】

ゲンドゥージがカウンターのピンチで強烈タックル炸裂「ラグビーを取り入れている」

 アーセナルは現地時間27日、プレミアリーグ第10節クリスタル・パレス戦で2-2と引き分けた。2点のリードを奪いながらドローに持ち込まれる厳しい戦いとなったが、試合終了間際にフランス代表MFマテオ・ゲンドゥージが見せた無謀なタックルを敢行。英メディアは「ラグビータックルでレッドカードを避けられたのは幸運だった」と指摘している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前節シェフィールド・ユナイテッド戦で0-1とまさかの黒星を喫したアーセナルは、上位争いに踏み止まるうえで、是が非でも勝利したい状態でクリスタル・パレス戦を迎えた。前半7分にギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、同9分にブラジル代表DFダビド・ルイスがネットを揺らし、早々に幸先良く2点のリードを奪うことに成功する。

 しかし、前半32分にPKで1点を返されると、後半7分に同点弾を許してしまう。さらに同アディショナルタイム、カウンターを受けるピンチが訪れると、ゲンドゥージが体ごと相手FWウィルフレッド・ザハに突っ込む強烈なタックルを敢行。明らかにボールではなく選手に向けたタックルだったが、辛くもイエローカードの判定にとどまった。

 それでも、あまりに無謀すぎるチャレンジに英紙「ザ・サン」は、「ゲンドゥージが“ラグビータックル”も、どうにかレッドカードを回避」と見出しを打ち、「ラグビータックルでレッドカードを回避したのは幸運だった」と指摘。「明らかにボールに関与していない動きだったが、ラグビーを取り入れているように見えた」と説明している。

 現在、日本で開催されているラグビー・ワールドカップは盛り上がりを見せているが、ゲンドゥージの“ラグビータックル”は、アーセナルの余裕のなさを浮き彫りとするプレーにもなってしまったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」