サラゴサ香川真司、パフォーマンス低下に現地紙嘆き 「ますます増えている」

レアル・サラゴサMF香川真司はゴールに絡めず途中交代【写真:Getty Images】
レアル・サラゴサMF香川真司はゴールに絡めず途中交代【写真:Getty Images】

スポルティング・ヒホン戦に先発出場した香川、ゴールに絡めないまま前半のみで交代

 日本代表MF香川真司が所属するサラゴサは現地時間27日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部第13節スポルティング・ヒホン戦に先発出場したものの、ゴールに絡むことなく前半のみで途中交代。チームも0-4の大敗を喫した。ここ5試合で4敗と絶不調に陥っているチームのなかで、現地紙も香川の状態を懸念する声が挙がっている。

 この日のサラゴサは3バックの布陣に変更。香川は左インサイドハーフの位置に入った。しかしキックオフから3分にあっさりとヒホンに先制点を許す展開となった。この悪い流れのなかで前半29分には、最終ラインに入っていたDFシモーネ・グリッポのタックルが危険だと判断されて一発退場。1人少なくなったサラゴサは38分にも追加点を許す最悪の展開となった。

 数的不利の状況で不慣れなフォーメーションということもあり、香川には高い位置でボールが渡る場面がほぼなく、守備に奔走するばかりだった。そのためハーフタイムに途中交代となったが、チームは後半にも2失点。今季最悪の結果となってしまった。

「とてもひどい気分だ。この大敗でとても傷ついたし、感情的に打ちのめされている。(解決策について)言葉にすることはできるが、それを我々は証明しなければいけない。我々が失った選手を回復しなければいけないのは明らかだ」

 現地紙「エラルド」によると、試合後ビクトル・フェルナンデス監督はこのように語ったという。「ピッチで復調しなければいけない選手たちには、自信と安定感を再び取り戻さないと」と同監督が語ったコメントに「カガワ、イグベケメ……それはますます増えている」と同紙が指摘するなど、香川のプレーパフォーマンス低下が続く状況を同紙も嘆いている。

 全国紙「AS」の採点でも3つ星満点中星1つにとどまった香川。逆襲のタイミングはいつやってくるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング