ルヴァン杯決勝、VARでイエロー→レッド 川崎DF谷口の“一発退場劇”に会場騒然

VAR判定で川崎DF谷口がレッドカードで退場処分に【写真:高橋学】
VAR判定で川崎DF谷口がレッドカードで退場処分に【写真:高橋学】

2-2の同点で延長に突入 谷口はVAR判定で一発退場に

 川崎フロンターレは26日、ルヴァン杯決勝で北海道コンサドーレ札幌と対戦。2-2で延長戦に突入したが、延長前半6分にDF谷口彰悟がペナルティーエリア手前でファウルを犯すと、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定の末、イエローカードがレッドカードへ変更となり、一発退場を命じられることになった。

 川崎は過去4度ファイナルに進出した経験を持つも、全て準優勝止まりに終わっている。今回の決勝の相手はクラブ史上初タイトルを狙う札幌となったが、前半10分、MF菅大輝に豪快なボレー弾を叩き込まれ、先制点を与えてしまった。しかし、同アディショナルタイムにCKからMF阿部浩之が同点弾を決め、最初の45分を折り返した。

 後半に入っても一進一退の激しい攻防を見せるも、同43分、途中出場のFW小林悠が勝ち越しゴールを決め、終了間際に貴重なリードを手にする。しかし、迎えた同アディショナルタイム、ラストプレーのCKからMF深井一希のヘディング弾に屈し、2-2で90分間を終えた。

 延長戦に突入したが、早々に大ピンチを迎えることになる。札幌の速攻カウンターからMFチャナティップが川崎陣地をドリブルで爆走すると、たまらず谷口が強烈なタックルで防ぎにかかる。主審は迷わずイエローカードを提示したが、VARの指示が入ると、映像の確認で試合を中断。確認を終えると、主審はレッドカードを提示した。

 埼玉スタジアムにはどよめきが沸き起こり、川崎の選手たちは猛抗議に詰め寄るも、判定は覆らず。サポーターはピッチを去る谷口に拍手を送った。このプレーで得た札幌のFKを、キッカーのMF福森晃斗に直接突き刺さされ、勝ち越しを許す。しかし、延長後半5分にはCKから小林悠が同点弾を決め、3-3に追いついた。試合はそのままPK戦に突入した。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング