モウリーニョ監督、名将クロップのマンU戦采配を批評 「メニューが気に入らなかった」

モウリーニョ監督が名将クロップのマンU戦采配を批評【写真:Getty Images】
モウリーニョ監督が名将クロップのマンU戦采配を批評【写真:Getty Images】

試合終盤に同点に追いつくも、守備的なユナイテッドを打ち崩せず

 マンチェスター・ユナイテッドとリバプールのビッグマッチが現地時間20日に行われ、1-1のドローに終わった。かつてマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードなどで指揮を執ったジョゼ・モウリーニョ氏は、敵地で勝ち点1獲得にとどまったリバプールのユルゲン・クロップ監督を、「メニューが気に入らなかった」と独特な言い回しで批評した。英紙「メトロ」などが報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 20日のプレミアリーグ第9節でユナイテッドとリバプールの強豪同士が激突。前半36分にイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードのゴールでホームのユナイテッドが先制するも、徐々に攻勢を強めたリバプールが後半40分にイングランド代表MFアダム・ララーナのゴールで同点に追いつき、1-1のドロー決着となった。

 試合後、モウリーニョ氏は英衛星放送「スカイ・スポーツ」で伝統の一戦に言及。「(クロップ監督は)メニューが気に入らなかったようだ。彼は肉が好きなのに手に入れたのは魚だった」と表現し、リバプールに関して自身の見解を明かしている。

「彼らはカウンターアタックのチャンスを与えてくれる相手と対戦して喜んでいる。もちろんユナイテッドは現状に制限があるため、異なるプランで試合に臨んだ。彼らはトランジションを止めようとした。常に3人のセンターバックを所定の位置に立たせてプレーさせ、常にコンパクトな形だった。リバプールはそんなメニューが気に入らなかったようだ。リバプールは低いブロックと対戦するためのクオリティーを欠いた。彼らが勝てなかったことを本当に嬉しく思うよ。なぜなら記録(2005-06シーズンにチェルシーでモウリーニョ氏が作った記録が9連勝)は彼らのものではなく、私のものだからだ」

 守備的な戦い方を選択してきたユナイテッドを崩せなかったリバプールに批判的な見解を突きつけたモウリーニョ氏。自身の記録が抜かれなかったことに、どこかで安堵しているのかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」