J2町田、来季は“名称変更”せず協議継続 「『FC町田トウキョウ』を使うのは難しくなりましたが…」

町田ゼルビアのクラブ名変更は波紋を呼んでいる【写真:Getty Images】
町田ゼルビアのクラブ名変更は波紋を呼んでいる【写真:Getty Images】

オーナーの藤田氏が声明文を発表 「『ゼルビア』を残すことで良い着地が…」

 J2のFC町田ゼルビアは18日、クラブ公式サイトでオーナーを務めるIT大手サイバーエージェントの藤田晋社長の声明文を掲載。波紋を呼んでいたクラブ名変更について、来季については「名称、ロゴなど現行のままで継続」と発表した。

 昨年にクラブの経営権を取得した同社は、11日に行われたサポーターミーティングで名称変更の方針を明かし、「FC町田トウキョウ」と発表した。しかしこの発表はサポーターからの強い反発を招いていた。

 この日、発表された声明でオーナーを務める藤田社長は、サポーターミーティングで「保留」とした判断について、「来シーズン(2020年シーズン)に関しては、リーグとも協議し、熟慮した結果、名称、ロゴなど現行のままで継続とさせて頂きます」との方針を明かした。そして「反対意見をくれたサポーターの皆さまの想いは充分に伝わりました」としたうえで、21年以降に向けて「好感度の面からリブランディングに『FC町田トウキョウ』を使うのは難しくなりましたが、一方で知名度、注目度は上がりました。これをサポーターの皆さんと共にポジティブに持っていけるような着地をなんとか目指したいと考えています」とした。

 現時点の方針として、「『町田』を軸にチーム名に『東京』を入れ『ゼルビア』を残すことで良い着地が目指せるのではと考えています」とも綴った藤田社長。波紋を呼んでいた町田の名称変更問題は、今後クラブとサポーターが意見交換をしながら進められていくようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング