“クラシコ前哨戦”で「完全撃破」 ベイル、ラキティッチを翻弄する“圧倒的突破”に脚光

かつてのクラシコでも両者はマッチアップを繰り広げている【写真:Getty Images】
かつてのクラシコでも両者はマッチアップを繰り広げている【写真:Getty Images】

ウェールズはクロアチアと1-1の引き分け ベイルとラキティッチの“クラシコマッチアップ”に注目

 ウェールズ代表は現地時間13日、欧州選手権(EURO)2020予選の第8節でクロアチア代表と対戦し、ホームで1-1と引き分けた。EURO2020公式インスタグラムはウェールズ代表MFギャレス・ベイル(レアル・マドリード)がクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)を個人技で突破するワンプレーに脚光を当て、動画で公開している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 グループEで4位に甘んじているウェールズは、首位を走るクロアチアをホームに迎え撃ったが、前半9分に先制点を与えてしまうも、同アディショナルタイムにベイルが同点弾を奪い、1-1の痛み分けとなった。一方、この試合で実現したレアルとバルセロナの“エル・クラシコ”も注目されている。

 EURO2020公式インスタグラムは、「ベイルvsラキティッチ」と文章を添え、ベイルとラキティッチのマッチアップを動画で公開。右サイドでボールを受けようとするベイルは、プレッシングに詰めてきたラキティッチをギリギリまで引きつけると、右足のアウトサイドで振り切り、力強いドリブル突破で置き去りとした。

 コメント欄では「これぞクールだ」「クオリティーに疑いの余地なし」「このクラシコではレアルが勝利」「完全に撃破した」「圧倒的な突破だ」「ベイルはマシーンだ」とファンからも反響が寄せられていた。来週にはリーガ・エスパニョーラで“エル・クラシコ”が控えているが、前哨戦ではベイルに軍配が上がったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も