長友佑都、人工芝ピッチの感覚は「2日で取り戻した」 敵地の環境にも素早くフィット

DF長友佑都は人工芝のピッチにも問題ないようだ【写真:Football ZONE web】
DF長友佑都は人工芝のピッチにも問題ないようだ【写真:Football ZONE web】

「スパイクとのフィット感、融合もしっかりしないと」と入念な準備を進める

 森保一監督率いる日本代表は14日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦(15日/リパブリカン・セントラル・スタジアム)に向けて前日練習を行った。DF長友佑都(ガラタサライ)は、敵地の人工芝ピッチについて感覚を「2日で取り戻しました」と、大学時代の経験を踏まえて問題がないことを強調した。

 12日から現地での練習をスタートした日本代表は、試合会場となるリパブリカン・セントラル・スタジアムで3日間のトレーニングを積んできた。敵地での戦いは気候を含めて様々な環境の変化があるなか、最も特殊な部分の一つが人工芝のピッチだろう。

 普段のリーグ戦から人工芝でプレーする機会のある選手もいれば、育成年代でのプレーを終えてからはほとんど経験していない選手もいる。後者に該当する長友は、「プロになってなかなか経験がないくらいなので、(最後に人工芝でプレーしたのは)覚えていないですね」と明かしたが、適応にまったく問題がないことも強調している。

「大学時代はずっと人工芝だったので、2日で取り戻しましたね。フィット感はありました。問題ないと思います」

 長友はタジキスタンでの練習初日となった12日をホテルでのコンディション調整としたため、会場のピッチ状態にフィットするための時間は他の選手と比べて短かった。それでも過去の経験も踏まえて順応し、自信を持って臨めるようだ。

 スパイクも人工芝用で対応し、「スパイクとのフィット感、融合もしっかりしないと。怪我してしまうことだけは避けたいので」と入念に準備を重ねている長友。慣れない人工芝ピッチでのタジキスタン戦も、いつもと変わらぬプレーでチームを牽引してくれそうだ。

(片村光博 / Mitsuhiro Katamura)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も