J2千葉の元日本代表MF佐藤勇人、今季限りで現役引退発表「ユニフォームを脱ぐ時が来た」

佐藤勇人が2019シーズンをもって現役を引退すると発表した【画像:ジェフユナイテッド市原・千葉公式サイトのスクリーンショットです】
佐藤勇人が2019シーズンをもって現役を引退すると発表した【画像:ジェフユナイテッド市原・千葉公式サイトのスクリーンショットです】

今季15試合に出場、複雑な胸中吐露「千葉が台風の影響で大きな被害を受けている時…」

 J2ジェフユナイテッド市原・千葉は13日、元日本代表MF佐藤勇人が2019シーズンをもって現役を引退すると発表した。

 現在37歳の佐藤は、2000年に下部組織から千葉のトップチームへ昇格。2007年まで主力としてフル稼働し、2005年と06年にJリーグカップ獲得に貢献した。2008から2009年まで京都サンガF.C.に在籍し、2010年から古巣・千葉に復帰していた。

 元日本代表FW佐藤寿人(千葉)の実弟であり、2006年8月のアジアカップ予選イエメン戦で代表デビューを飾ると、兄・寿人と同じピッチに立って日本代表史上初の兄弟同時出場が実現した。

 今季はここまで15試合に出場していたなか、クラブがシーズン後の現役引退を発表。佐藤はクラブ公式サイトを通じて「育ててもらった千葉が台風の影響で大きな被害を受けている時に自分個人の事を発表していいものなのか、とても悩みましたがお伝えすることにしました」と複雑な胸中を明かしつつ、次のように続けている。

「12歳からジェフのユニフォームを着させてもらいましたが、その大好きなユニフォームを脱ぐ時が来ました。ファン、サポーターの皆さん、そして支えてくれた家族、チームメイトやクラブスタッフなど、多くの方に支えられながらここまで続けて来ることができたことに感謝しています。ただまだシーズンは残っており、最後までジェフの一員として闘います。引き続き熱い応援を宜しくお願い致します」

 日本サッカー界をけん引した選手がまた1人、スパイクを脱ぐ決断を下した。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング